hidekun1967's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神高速の距離制料金化

<<   作成日時 : 2007/05/23 15:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

阪神高速が距離制料金になるらしい。

正直、私は距離制料金には反対だ。理由は一般道の混雑も激しい1号環状線などの都心部にて短距離で出入りする車が増え、出入り口近辺の車の流れが忙しくなる事と、700円で行ける範囲が狭くなる事。あと、せっかくの環状道路計画に水を差す物になるから。

現在、泉大津市の助松から700円で守口や池田まで行けるが距離制料金になれば、良くて1号環状線ぐらいまでではないかと思う。守口や池田まで行くとなれば今までの倍近い金額になるだろう。

また1号環状線の混雑緩和の為、通過車両を流すバイパスとして外環状道路計画があるのだが、距離が長くなれば料金がかさむとなれば、バイパスを活用しようとする車両は少なくなるのは当然である。

確かに一部の好き者は地方の平行一般道が空いている所の短距離でも高速を使うだろう。けれどそれは少数派だ。誰も岸和田から泉佐野や泉大津に行くのに高速を使う気にはならない。100円高速の成功は阪和道への導入路として行きがけの駄賃みたいな物だからに他ならない。まして首都高速がそうなるから阪神高速もというのでは、たまったもんじゃない。阪神高速は利用者の気質の違いなどももう少し検証して金額設定すべきではないかと思う。

民営化したのに役人気質が抜けないで安易な事をしたら、間違いなく困るのは阪神高速自身であり、民営化した以上、競争も倒産もあるのだという事を自覚すべきだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪神高速の距離制料金化  hidekun1967's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる