hidekun1967's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 『京』という文字

<<   作成日時 : 2007/02/08 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京の順天堂病院に月イチで通院しているが、どうも違和感を感じる事がある。
それは、京浜、京葉、京成といった具合に東京を『京』の字で表す事。

私が近畿在住というのもあるが、『京』という文字で書かれれば、やはり京都を連想する。

確かに首都は東京だし、地方から東京に行く事を『上京』という言葉で表すようになって久しいが、『京の都』と書かれれば日本の多くの人は今でも京都を連想するのではなかろうか。

(東京が首都になって百年以上経つのに、未だに『上方』という言葉で関東を表現せず、『上方』という言葉で表現されるのは近畿だし。だから私は未だに近畿から東京に行く事を『江戸へ下向する』という言い方をしている。上方から上京では言葉が成立しないから。)

それはなぜだろうかと、ふと思う。

東京は都道府県では『都』だし、『帝都』や『首都』は東京がしっくりくるのに、『みやこ』と言われると京都の方がしっくりくる。
東京は東名高速などのように『東』という字でも表すが、京都は『京』以外で表す事がまず無いというのもあるだろう。

(ちなみに近畿という言葉は首都圏と、かなり近い意味の言葉である。また、明治、大正、昭和の各天皇とも京都で即位し、都を平安京に移すという、桓武天皇の「詔」以降、「遷都」(都を移す)の「詔」は出ておらず(東京は「奠都」(都を定める)の「詔」で首都となった。)、天皇の正式な居場所を示す高御座は未だに京都にある事から京都首都説なる物も存在する。)

いつの日か、私が東京の街を見て『京の都』という言葉がぴったりだと感じる日は来るのかな。たぶん無いだろうな。東京は武家文化の街が基礎になっているし、皇室が居ても『みやび』を感じないから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『京』という文字 hidekun1967's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる